スマートフォン対応サイトはこちら

パソコン初心者向けの超基本操作やコンピュータ用語などをパソコン初心者でもラクラク理解できるよう解説したパソコン初心者に優しいサイトです。

スポンサーリンク

Top >  エクセル便利技 >  エクセルで空白だけを選択する方法

エクセルで空白だけを選択する方法

エクセルで空白だけを選択する方法のご紹介。

この表をまずご覧ください。(今日は、画像てんこ盛りです(笑))

excel

いきなりですが、問題です(笑)



この「空白」のセル全てに「-」ハイフンを入力してください。


一緒に操作したいと言う方は、同じものを用意しましたので、
以下を開いて一緒にやってみてください。このエクセルを開く


さて、あなたなら、どうやって入力しますでしょうか。


ま、、、まさか、、


空白ひとつひとつのセルに、ひとつずつハイフンを入力していくでしょうか。


申し訳ないですが、それは、一番効率の悪いやり方です。


もし、この方法で今までずっとやっていたのであれば、
今日、知る内容は恐ろしく感動するはずです。
事実、初めて私も知ったとき、感動しましたから。


ではまず、この表のみを選択してください。


具体的には、A1のセルからF10のセルまでを
マウスでドラッグして選択してください。

そこで「F5」を押してください。

そうすると、以下画面が出てきます。

jump


いわゆる、「ジャンプコマンド」です。


出てきたら、その画面の左下の「セル選択(S)」をクリックしてください。


space

次に、上記画面の「空白セル」をクリックし、「OK」を押してください。


そうすると、以下のようになりますよね。

選択後の画面


今、何をしたのか。

一度に選択する機能を使用して
表の中にある空白セル「のみ」を選択した
んですね。


ジャンプコマンドとは、
「選択した範囲内にある○○は全て選択する」という機能です。


今回は「空白」にチェックを入れたので、空白のみが選択されました。


「数式」にチェックを入れれば、
選択した範囲内にある数式で入力されたセルが全て選択されます。


「オブジェクト」にチェックを入れれば、
ワードアートなどのオブジェクトが一括で選択されます。


とまあ、ジャンプコマンドはこういった便利な機能なんです。

では、続けます。


今は、選択した範囲の「空白」が選択されているだけにすぎません。

今から、「-」ハイフンを入力するわけですが、
ここでも一括で入力する方法があります。


手順ですが、まず「-」キーを押す。

次に、通常ならEnterキーを押して確定させるわけですが、
このEnterを押す時に、「Ctrl」キーと一緒に押してみてください。


Ctrlが先。(Ctrlキーはキーボードの一番左下付近にあります)


Ctrlを押したまま、Enterキーを押す。

さて、どうでしょう。いっぺんに「-」ハイフンが
空白セル全てに入力されましたよね。

以下、図のように。

全ての空白セルにハイフンを入力


感動しました?


エクセルは、コツをつかめば、操作方法は10倍にも20倍にもはねあがります。
覚えていくとね、楽しいんです。


うぉーーー!!処理がすっげー早くなった!!!
って自分自身で思いますから。


色々試してみてください。
難しい関数やマクロなどの機能を覚えるよりも前に、
エクセルの基礎を学べば効率よく作業するスキルは十分に身につくと思いますよ。



スポンサーリンク

エクセル便利技

エクセルの意外に知られていない便利な使い方をご紹介

関連エントリー

エクセルの重複した値や文字列を一瞬で探し出す方法

エクセルで四捨五入できる関数をシンプルに説明。切上げ、切捨ても解説します。

エクセルand関数とor関数の分かりやすい使い方

エクセルでSUMPRODUCT関数を使う方法

ExcelのMID関数の使い方

エクセル(EXCEL)でセル内改行する方法

エクセルをパスワード付きで保護する方法

エクセル(Excel)でプルダウン(リスト)メニューを出す方法

曜日をエクセルで一発表示させる方法

エクセルで日付と時刻を一瞬にして入力する方法

エクセルで空白だけを選択する方法

エクセルで郵便番号⇔住所を一括で相互変換する方法


お気に入りに追加

サイト内検索



スポンサーリンク

ご感想、リンクなど

リンク1

リンク2

リンク3

  • seo