スマートフォン対応サイトはこちら

パソコン初心者向けの超基本操作やコンピュータ用語などをパソコン初心者でもラクラク理解できるよう解説したパソコン初心者に優しいサイトです。

スポンサーリンク

Top >  エクセル便利技 >  エクセルand関数とor関数の分かりやすい使い方

エクセルand関数とor関数の分かりやすい使い方

エクセルの関数を使うようになると、
合計を表すSUM関数と同じくらい
最初に出てくる関数といえば、and関数or関数です。

and関数or関数も2つ以上の条件をひとつの式に入れたい時に使うものです。


and関数は、AもBも両方とも満たす場合。
or関数は、AもしくはBのどちらか一方を満たす場合。

よく使われるのは、IF文と一緒に使うケースと
条件付書式で使うケースです。


IF文で使う場合は、例えばこうです。


and関数の場合

=IF(and(A1="男子",B1<>"東京都"),"○","×")

この式の意味は、
A1セルが「男子」で、
B1セルが「東京都」以外なら「○」、
それ以外は「×」という意味。

式の中にある「<>」は「○○を除く」という意味です。

B1="東京都" なら、「B1セルが東京都の場合」という意味。
B1<>"東京都"なら、「B1セルが東京都以外の場合」という意味です。


or関数の場合

=IF(or(A1="男子",B1="東京都"),"○","×")


この式の意味は、
A1セルが「男子」または
B1セルが「東京都」の場合は「○」、
A1セルが「男子」でもなく、
B1セルが「東京都」でもない場合は「×」という意味。


条件付書式で使う場合はこんなケース。

※エクセルの条件付書式の条件に数式を入力したい場合は、条件付書式を開いたらまず「セルの値が」のプルダウンを「数式が」に変更してください。


and関数の場合

=AND(A1>0,A1<10)


この式は、A1セルが0より大きくて、
さらにA1セルが10より小さい場合。

という意味です。

その条件を満たす時に赤色にするとか
太字にするとか、決めるわけです。


or関数の場合

=OR(A1<0,A1>1000)

この式は、A1セルが0より小さいか、
A1セルが1000より大きい場合。

という意味です。

つまり、A1の値がマイナスか、1000より大きい数字だったら、条件が満たされるわけです。


条件付書式で色々な関数が使えると楽しくなりますよ。まずは色々と試してみましょう。



スポンサーリンク

エクセル便利技

エクセルの意外に知られていない便利な使い方をご紹介

関連エントリー

エクセルの重複した値や文字列を一瞬で探し出す方法

エクセルで四捨五入できる関数をシンプルに説明。切上げ、切捨ても解説します。

エクセルand関数とor関数の分かりやすい使い方

エクセルでSUMPRODUCT関数を使う方法

ExcelのMID関数の使い方

エクセル(EXCEL)でセル内改行する方法

エクセルをパスワード付きで保護する方法

エクセル(Excel)でプルダウン(リスト)メニューを出す方法

曜日をエクセルで一発表示させる方法

エクセルで日付と時刻を一瞬にして入力する方法

エクセルで空白だけを選択する方法

エクセルで郵便番号⇔住所を一括で相互変換する方法


お気に入りに追加

サイト内検索



スポンサーリンク

ご感想、リンクなど

リンク1

リンク2

リンク3

  • seo