スマートフォン対応サイトはこちら

パソコン初心者向けの超基本操作やコンピュータ用語などをパソコン初心者でもラクラク理解できるよう解説したパソコン初心者に優しいサイトです。

スポンサーリンク

Top >  エクセル便利技 >  エクセルで郵便番号⇔住所を一括で相互変換する方法

エクセルで郵便番号⇔住所を一括で相互変換する方法

エクセルの郵便番号「自動」変換機能ってご存知でしょうか。


日本語入力がONの状態で、
たとえば、「120-0001」と入力し、
変換すると「東京都足立区大谷田」という
その郵便番号に該当する地名が変換候補にでる機能なんですが、


この 郵便番号→地名の変換はできることを、知っている人は多いと思います。


しかし、「地名→郵便番号」に変換できる方法があるのを知っていますでしょうか。


先ほどの例で言うと、

「東京都足立区大谷田」しか分からない状態で、
「120-0001」という郵便番号をひっぱってくる機能があるんです。


しかも、一個一個じゃありません。
100、1000個何個でも一括でいけます。


郵便番号 → 地名 の変換もできますし、
地名 → 郵便番号 の変換もできます。


例えば、住所録を作ろうとしているとします。
全員の住所は分かっているけど、
郵便番号が全部分からないとしますよね?


その場合、通常だと郵便番号帳や、郵便局のホームページで
一件、一件調べることになると思うのですが、

仮にそれが1000件あったら、どうします?


やりたくないですよね。


そこで、今回ご紹介する機能が登場するわけです。
これは、知っている人は、当然のように使っている機能です。

それは、「エクセルのアドイン」という機能を使うのです。


これは、エクセルのバージョンが2000、2002(XP)、2003のいずれかで
インストールできる機能です。


少し前に、郵便番号変換を1件、1件、手作業でやっていた友人に
この機能のことを教えてあげました。


ええええええ!!!なんて便利な機能なのーーー!!!

と絶叫していました(笑)


郵便番号変換に多大なる時間をかけている方がいれば、是非お試しを。


郵便番号一括置換のエクセルアドインのダウンロードはこちらから



スポンサーリンク

エクセル便利技

エクセルの意外に知られていない便利な使い方をご紹介

関連エントリー

エクセルの重複した値や文字列を一瞬で探し出す方法

エクセルで四捨五入できる関数をシンプルに説明。切上げ、切捨ても解説します。

エクセルand関数とor関数の分かりやすい使い方

エクセルでSUMPRODUCT関数を使う方法

ExcelのMID関数の使い方

エクセル(EXCEL)でセル内改行する方法

エクセルをパスワード付きで保護する方法

エクセル(Excel)でプルダウン(リスト)メニューを出す方法

曜日をエクセルで一発表示させる方法

エクセルで日付と時刻を一瞬にして入力する方法

エクセルで空白だけを選択する方法

エクセルで郵便番号⇔住所を一括で相互変換する方法


お気に入りに追加

サイト内検索



スポンサーリンク

ご感想、リンクなど

リンク1

リンク2

リンク3

  • seo