スマートフォン対応サイトはこちら

パソコン初心者向けの超基本操作やコンピュータ用語などをパソコン初心者でもラクラク理解できるよう解説したパソコン初心者に優しいサイトです。

Top >  エクセル便利技 >  エクセルをパスワード付きで保護する方法

エクセルをパスワード付きで保護する方法

エクセルのファイルを人に見られたくない場合や
見られてもいいけど、内容を編集されたら困る場合ってありますよね。

そういう時は、エクセルにパスワードをかけてしまいましょう。


やり方ですが、下記順番で開いてください。

[ファイル]-[名前をつけて保存]-[ツール]-[全般オプション]


※[ツール]は[名前を付けて保存]をクリックした後に
表示される画面の右上の方にありますよ。


[全般オプション]をクリックしたあとの画像がこれ



「読み取りパスワード」
「書き込みパスワード」


の2つありますよね。


この「読み取りパスワード」
「ファイルを開く前にパスワード要求する」というものになります。

なので、これを設定しておくと不用意にエクセルのファイルを
人に見られなくて済むということになりますよね。


次に「書き込みパスワード」は、開いたあとの編集を
許可するかしないかという設定で、中は見てもらってもいいけど、
内容を変更されては困る場合などに使用します。


なお、既にパスワード無しで保存済みでも
「名前をつけて保存」から保存すればOKですよ。

エクセル便利技

エクセルの意外に知られていない便利な使い方をご紹介

関連エントリー

エクセルの重複した値や文字列を一瞬で探し出す方法

エクセルで四捨五入できる関数をシンプルに説明。切上げ、切捨ても解説します。

エクセルand関数とor関数の分かりやすい使い方

エクセルでSUMPRODUCT関数を使う方法

ExcelのMID関数の使い方

エクセル(EXCEL)でセル内改行する方法

エクセルをパスワード付きで保護する方法

エクセル(Excel)でプルダウン(リスト)メニューを出す方法

曜日をエクセルで一発表示させる方法

エクセルで日付と時刻を一瞬にして入力する方法

エクセルで空白だけを選択する方法

エクセルで郵便番号⇔住所を一括で相互変換する方法


お気に入りに追加

サイト内検索

ご感想、リンクなど

リンク1

リンク2

リンク3

  • seo