スマートフォン対応サイトはこちら

パソコン初心者向けの超基本操作やコンピュータ用語などをパソコン初心者でもラクラク理解できるよう解説したパソコン初心者に優しいサイトです。

スポンサーリンク

Top >  ネットノウハウ >  Google検索の極意2

Google検索の極意2

Google検索の極意、第2段です。

あなたはインターネットでキーワードの検索をしていて、
一番うっとおしいと思うことってなんでしょうか。


私の場合、
まったく関連性がない情報がヒットするのが一番うっとおしいです。


さて、そこで今回の技の登場です。


「Googleの検索結果から不要なキーワードを削除する」方法です。


ハッキリ言って、コレ使ってる人はあまり見ません。


5人くらいに聞いてみてください。
ほとんど知らないはずです。


で、、、
例えば、「販売以外の中古パソコンについての情報」が知りたいとします。


例えば、どのような基準で選んだらいいのか。
どのメーカーの中古パソコンは比較的安く買えるとか。
中古パソコンを売りたい人向けの情報とか。


でも、「中古パソコン」で検索すると、
ほとんど販売サイトばかり検索結果出てきますよね。


販売以外のページが見たいのに、販売サイトばっかりでうざい!
多分そう思うと思います。


仮に「販売以外の」というキーワードを入れたとしても、
残念ながら、販売サイトを省いてはくれません。


そこで、今回ご紹介する方法を使うわけです。


省きたいキーワードに「ハイフン」をつけるんです。


では、早速やってみましょう。


中古パソコンの検索結果の販売サイトに多いキーワードは、
パッと見たところ


販売
買取


などがたくさんありますね。
これを、検索BOXにハイフン付きで入力します。
こんな感じ。


中古パソコン -販売 -買取


(キーワードとキーワードの間はスペースを入れてくださいね)


こうすることで、「中古パソコン」関連の情報の中から、
「販売」というキーワードと、「買取」というキーワードを
省いた結果が表示されます。


表示された結果にまだ不要なキーワード、
例えば「発売」がいらないなと思ったら、
「-発売」をさらに加えて検索すればいいんです。


結構使えるでしょ?


私の場合、検索結果に「PDF」ファイルが表示されるのは
あまり好きではありませんので、「-pdf」とか使ったりします。


これはキーワードだけでなく、URLなどにも使えますので、
例えば、企業のサイトはいらないと思ったら、「-co.jp」を入れてみると
URLや本文に「co.jp」が含まれるものはすべて除かれた状態で検索できます。


(企業すべてが「co.jp」ドメインではないですが。。)


ともかく、オススメです。
間違いなく、検索にかかる時間は短縮されることになるでしょう。



スポンサーリンク

ネットノウハウ

インターネットの便利な使い方で抑えた方がいいポイントに絞ってご紹介

関連エントリー

Temporary Internet Filesを削除する方法

パソコンを最安値のお店を一瞬で探す方法

インターネットエクスプローラーのあまり知られていない便利技

インターネット上に自分専用のハードディスクを無料で作る

翻訳ソフトで海外のサイトを見てみる

隔離されたコンピュータウイルスの対処方法

ひとつのメールアドレスだけでは非常に危険です

無料で歌詞を見る方法

コンピュータウイルスの「駆除」と「隔離」の違い

日本最大級のQ&Aサイト-分からないことは人に聞くべしー

サイトの履歴はあなたが知らない間にを保存されています

Google検索の極意3-イメージ検索-

めちゃくちゃ便利なのに、ほとんど誰も使っていない技

Google検索の極意2

メール一括送信する際の非常に重要な注意点

ネタバレ話の投稿時のマナー

Google検索の極意1


お気に入りに追加

サイト内検索



スポンサーリンク

ご感想、リンクなど

リンク1

リンク2

リンク3

  • seo