スマートフォン対応サイトはこちら

パソコン初心者向けの超基本操作やコンピュータ用語などをパソコン初心者でもラクラク理解できるよう解説したパソコン初心者に優しいサイトです。

スポンサーリンク

Top >  ネットノウハウ >  インターネット上に自分専用のハードディスクを無料で作る

インターネット上に自分専用のハードディスクを無料で作る

インターネット上に自分専用のハードディスクがあったらいいなって思いませんか?

だって、まずデータの持ち歩きって面倒でしょ?


いちいちフロッピーなり、USBメモリなりに保存して
手渡ししないとデータの受け渡しができません。


メールでその人に送ってもいいですが、大容量になってくると
送られる側の環境によっては、サイズが大きすぎると受信できなかったりもします。


そういう場合などに、今回ご紹介する方法はかなり画期的だと思います。


ホームページに接続するのは、どのパソコンからでもURLさえ分かれば
接続することってできますよね。


どのパソコンでもYAHOO!が見れることを考えてもらうと分かりやすいと思います。


もし、このYAHOO!のように、どのパソコンからもアクセスできる
自分専用のハードディスクがあれば、便利だなぁって思いませんか?


そういうサービスはちゃんとあるんです。


いわゆる、「WEBフォルダ」というやつです。

これは本当に便利です。

USBメモリも大容量のものはありますが、
「持っていくのを忘れた」という問題が必ず出てきます。


しかも、USBメモリの場合、紛失してしまった場合は大変です。
超プライベートなファイルや、個人情報が詰まったファイルを持っていたときなど
焦るどころの騒ぎではありませんよね。


しかし、WEBフォルダであれば、ホームページを見るのと同じ感覚で
ブラウザから自分の専用のハードディスクへとアクセスできます。
通常のフォルダのように 扱えるので、いつでも追加したり削除したりできてとても便利です。


有料のものもありますが、無料のものでも十分かと思います。
そんなあなたには、Yahoo!ブリーフケースというサービスがお勧めです。


無料のでも300MBまで保存できます。300MBですよ?
フロッピーディスク200枚くらいと同じだけ保存できるんです。


無料なので、是非お試しください。

Yahoo!ブリーフケースを見てみる



スポンサーリンク

ネットノウハウ

インターネットの便利な使い方で抑えた方がいいポイントに絞ってご紹介

関連エントリー

Temporary Internet Filesを削除する方法

パソコンを最安値のお店を一瞬で探す方法

インターネットエクスプローラーのあまり知られていない便利技

インターネット上に自分専用のハードディスクを無料で作る

翻訳ソフトで海外のサイトを見てみる

隔離されたコンピュータウイルスの対処方法

ひとつのメールアドレスだけでは非常に危険です

無料で歌詞を見る方法

コンピュータウイルスの「駆除」と「隔離」の違い

日本最大級のQ&Aサイト-分からないことは人に聞くべしー

サイトの履歴はあなたが知らない間にを保存されています

Google検索の極意3-イメージ検索-

めちゃくちゃ便利なのに、ほとんど誰も使っていない技

Google検索の極意2

メール一括送信する際の非常に重要な注意点

ネタバレ話の投稿時のマナー

Google検索の極意1


お気に入りに追加

サイト内検索



スポンサーリンク

ご感想、リンクなど

リンク1

リンク2

リンク3

  • seo